--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_08
17
(Mon)10:00

「入口はたくさんある」

2014年11月
ある出逢いにより私の「財」の扉が開きました。
この時を境に私の中で何かが始まり、新しいステージに移行した時期でした。
出逢いが変わり、新たなことに取り組み、どんどん自分が変容していくのがわかりました。
のちに知るのですが、こういう現象を「パラダイムシフト」と言うそうです。


「入口はたくさんある」

最近深く感激したことがあります。
それは、年収が億近い経済中心だった人が、ある経営者さんとの出逢いにより心に変化がおきた話を聴いたことです。
その経営者さんは、「まずは自分の経済や健康など自分のことを整えたらいい。自分のことが整ったら世の中のことを考えたらいい」と言われておられ、ご自身は数社の会社を経営され経済が整った上で食育や農業支援など社会的な貢献をしておられます。

その経営者さんに出逢った経済中心だったご本人から直接聞いたのですが、、、

若い頃から経済的に成功して派手に生きていた彼は、その経営者さんから「わが社は愛と感謝を軸にした会社」と言われて、「愛と感謝」なんて言葉は恥ずかしくて自分は口にしたくなかった。
会社をもっとスタイリッシュにするためにあれを変えたほうがいいこれを変えたほうがいい、本社は地方から東京に移転したほうがいいなどと色んな注文も付けた。
でも、そんなことを言った自分の浅はかさに今は恥ずかしさ感じている。
一点の曇りのないその経営者さんの志、時折見せられる奇跡の片鱗のようなものに徐々に心が変わっていった。
「愛と感謝」というベタな恥ずかしいところに本質があると気付いた。
とおっしゃっていました。

この話を聴いて私は二つの気付きを貰いました。
一つ目は、一人の人が純粋さを貫けば人の心を溶かすことが出来るということ。私自身はキレイごとを貫いて生きる自信を貰いました。
二つ目は、経済を軸に生きてきた彼のように、経済的に極めるところまでいくと、志や社会性など新たな出逢いが来るのだということです。

入口はどこでもいいので、自分の目の前にある道を極めることが重要なのだと感じました。
そうすれば「夢とお金」は両立できると私は信じています。

この記事を読まれた方の「夢とお金」の扉が開くことを願っています。
必要な方に届きますように。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。