2015_07
27
(Mon)13:13

引き寄せ

「アール・ド・ヴィーヴル達のネットワークビジネス」は、もともとFacebookに同名のグループページを作ったことがきっかけで、そこに書き綴ったものをこのブログのほうでも発信することにしました。
このグループページを作った目的は、魂の方向性が合う仲間を見付け、会社というプラットホームを中心に集いながら、経済の自由、健康の自由、時間の自由を手に入れ、一度しかない今回の人生で自分は何を成すのか?? それぞれの天命を生きる仲間に出逢うことです。


私が真剣に取り組んでいるネットワークビジネス会社に出逢ったのは、今から思えば引き寄せだったと思います。
私は自分が生まれてきた意味を考え、天命を生きる!!と決めていました。
ある日の出逢いが私の人生の新たな扉を開き、その出逢いが元で今の会社にご縁をいただきます。
その後次々と気付きや閃きが起こり、私の中の扉はどんどん開いていきました。
後に知るのですが、そのような現象をパラダイムシフトというそうです。

私の人生がシフトしたきっかけは一人の「人」でした。
たった一人の人との出逢いがこうも人の人生に影響を与えるものなのかと我がことながら不思議に思います。
あの日のあの出逢いがなければ、私はネットワークビジネスの本質を知ることもなかったでしょうし、仕事として捕えることも、今のこの気付きもない生き方をしていたと思います。
「誰から伝えられるのか?」このビジネスにおいて一番重要なことだと思います。
波長が合う人でなければ、本来は伝えることも伝えられることもあり得ない世界です。
波長が合う人との出逢いは人生の扉を開ける「鍵」です。
今度は私が誰かの「鍵」になる番です。
私という「鍵」を待つ「扉」に出逢うことを願い、この記事を書かせていただきました。
スポンサーサイト
2015_07
23
(Thu)04:25

素敵なコミュニティ

「アール・ド・ヴィーヴル達のネットワークビジネス」は、もともとFacebookに同名のグループページを作ったことがきっかけで、そこに書き綴ったものをこのブログのほうでも発信することにしました。
このグループページを作った目的は、魂の方向性が合う仲間を見付け、会社というプラットホームを中心に集いながら、経済の自由、健康の自由、時間の自由を手に入れ、一度しかない今回の人生で自分は何を成すのか?? それぞれの天命を生きる仲間に出逢うことです。


私のネットワークビジネスの取り組み方は少し特徴があります。
というか、これが本流だと思います。

本気で自分の人生に向き合う人で私と気が合う方と関わりたいと思っているので、そうじゃない人には私からはご紹介することはないです。


志があり、人から目標とされる人、羨ましがられる人、そんな素敵な人ばかりのコミュニティを作り、人さまや世の中のお役に立てる人が経済的に豊かになる世の中にしたいと思っています。
残念ながらネットワークビジネスの本質的な部分はまだまだ知られておらず、マネーゲーム的な一面やねずみ講と混同するようなレベルの低い情報を信じている人がいるというのが日本の現状のようです。

世界で活躍するステージの高い人が知っている当たり前のことを知らないことが、富が二極化する理由のひとつであり、勿体ないことだと思います。

「与えたものが返ってくる」という法則を真に理解し、心の豊かさと経済の豊かさを両立する仲間作りをするビジネス、それがネットワークビジネスです。
共に学び合い、高め合い、成長出来る人と人生を深く関わる関係性を築こうと思います(^^)
2015_07
07
(Tue)21:05

それぞれのタイミング

2014年11月
ある出逢いにより私の「財」の扉が開きました。
この時を境に私の中で何かが始まり、新しいステージに移行した時期でした。
出逢いが変わり、新たなことに取り組み、どんどん自分が変容していくのがわかりました。
のちに知るのですが、こういう現象を「パラダイムシフト」と言うそうです。


「それぞれのタイミング」

人にはそれぞれのタイミングとそれぞれのステージがあります。
今の自分には何が合うのか??

まずは自分の経済を整えるタイミングの人。
世の中のためになることをするタイミングの人。
etc・・・・
どれが今の自分にしっくりくるのか?
正解は全て自分の中にあります。
常に自分にとってしっくりくる道を選ぶことが、真の自分の道を歩むための近道になり、そして常に自分にとってしっくりくる道を選ぶことで、直感力が増し、自分の道を歩みやすくなります。
右脳と左脳、直感と思考、これをバランス良く使い、最終的に右脳優位、直感優先な人生にしていけると楽だし楽しくなると私は思っています。
「お金」という生きる上で必要な現実的なテーマは色んなことを学ばせてくれます。
「お金さん、ありがとう」とお金さんと仲良くすることも大事なこと。

この記事を読んで「夢とお金」の扉が開く人がいることを祈っています。
2015_07
06
(Mon)19:44

マインドブロック

2014年11月
ある出逢いにより私の「財」の扉が開きました。
この時を境に私の中で何かが始まり、新しいステージに移行した時期でした。
出逢いが変わり、新たなことに取り組み、どんどん自分が変容していくのがわかりました。
のちに知るのですが、こういう現象を「パラダイムシフト」と言うそうです。


人は気づかないうちに色々なマインドブロックを持っています。
「ない!」と思っていても、「これもブロックだったのかぁ・・・」と後で気付くことがあります。

心の友との会話。
彼女は長年お勤めした会社を辞め、新たな一歩を踏み出そうとしています。
子どもが好きな人なので、子どもに関わる仕事を検討してるようでした。
「結婚して自分の子どもを持つことは考えてないの?」
と聞くと、その道があるのならそれも望むとのことでした。
「じゃあ、自分の子どもを産んで、落ち着いてから子ども達に関わる仕事をするのはどう? 子連れで出勤しても面白いんじゃない? 私の知り合いの会社には子どもを連れて行ってもOKな会社があるよ(^^)」と伝えたら、
「会社に自分の子どもを連れて行ってもいいという発想はなかった!!」
と言っていました。
そう! これも「ブロック」。
確かに一般的には子どもを連れて行ってもいい会社は少ないだろうけど、探せばOKな会社はあるものだし、ちょっとパワーのある人ならば自分でそんな会社を作ってしまうっていうのもアリ。
「出来るか、出来ないか」と考える時はブロックを掛けがちなので、まずは「やりたいこと」をイメージしていくことです。
せめて意識の中では自由になりましょう。
すると必ず次の展開が起こります。

このページを読まれた方の「夢とお金」の扉が開くことを願っています。
必要な方に届きますように。
2015_07
03
(Fri)02:08

アール・ド・ヴィーヴル(Art de vivre)

このブログの中にはカテゴリーが複数ありますが、その中でもこの「アール・ド・ヴィーヴル達のネットワークビジネス」は、もともとFacebookに同名のグループページを作ったことがきっかけで、そこに書き綴ったものをこのブログのほうでも発信することにしました。
このグループページを作った目的は、魂の方向性が合う仲間を見付け、会社というプラットホームを中心に集いながら、経済の自由、健康の自由、時間の自由を手に入れ、一度しかない今回の人生で自分は何を成すのか?? それぞれの天命を生きる仲間に出逢うことです。


アール・ド・ヴィーヴル(Art de vivre)
私達は「日常はアート」だと思い生きています。
日々起こるささやかな出来事をアートの目線で捉えると毎日がうきうき華やいだものになります。
「真善美」という言葉にも表せられるように「真善」だけだと時に固くなってしまうことがありますが、
「美=アート」があることで、白黒がカラーになるような、正しさの中に華やかさが加わるような、人生の奥行きが増します。

日常は芸術、行動はセレモニー。
そんな生き方を好む私達が選んだお仕事が「ネットワークビジネス」

本来の「ネットワークビジネス」は宇宙のリズムとシンクロしたエネルギーで作られています。
その深さを真に理解した時、魂の扉が開きパラダイムシフトが起こります。

このビジネスに取り組む方はこれを真に理解して発信するといいと私は思っています。
なぜなら過去の私もそうでしたが、ネットワークビジネスに抵抗感を感じる人が沢山います。
その理由の1つに、過去に話を持ちかけてきた人が、相手の都合や求めているものも聞かずに、一方的に自分の想いだけを語り、時には押し売りのような、時にはしつこい勧誘のようなことをするからです。
押しの強さにより背中を押されネットワークビジネスと縁を結び喜ぶ人がいる反面、押しの強さゆえにそれがトラウマになりこのビジネスの良い部分を知らないまま出逢いのチャンスを失っている人も多くいます。
これはネットワークビジネスに関わる人全てが考えたほうがいい課題だと私は思っています。
このビジネスの本質を理解し、喜んでご縁を結ぶ人が増えることを願っています。

このページを読まれた方の扉が開くことを願っています。
必要な方に届きますように。

pinkimage_jpg_jpge.jpg
2015_07
03
(Fri)00:49

「清貧・清豊」

2014年11月
ある出逢いにより私の「財」の扉が開きました。
この時を境に私の中で何かが始まり、新しいステージに移行した時期でした。
出逢いが変わり、新たなことに取り組み、どんどん自分が変容していくのがわかりました。
のちに知るのですが、こういう現象を「パラダイムシフト」と言うそうです。

日本人は「清貧」という言葉に美しさを感じます。
私もかつてはそうでしたし、今でもまだ美しさを感じる時はあります。
しかし、この言葉は資本主義経済の世を生きる上では矛盾を来たすことがあります。
これからは「清豊」。清らかに豊かに。
平和を好む美しい心を持つ人が経済的に豊かになり、手に入れた財を世の中のために使うことを私はお勧めしたいですし、自らも実行したいと思います。
「清豊」になる必要のある人にこのメッセージが届きますように(^^)
2015_07
02
(Thu)06:36

楽しく財を築き夢に生きる

2014年11月
ある出逢いにより私の「財」の扉が開きました。
この時を境に私の中で何かが始まり、新しいステージに移行した時期でした。
出逢いが変わり、新たなことに取り組み、どんどん自分が変容していくのがわかりました。
のちに知るのですが、こういう現象を「パラダイムシフト」と言うそうです。


今までにも「人生の扉が開いた!」と感じることはありましたが、今回は今までの過去を全て統合して「全てがこのためにあったのか・・」と感じる扉の開き方でした。
その時の私は気付いていませんでしたが、恐らく最終であろうお金に関するブロックが外れ、それ以外の色んな制限も外れ、よりバージョンアップした自分の道を生きる準備が整った時でした。

私の役目は「楽しく財を築き夢に生きる人を増やすこと」
私の経験が何かのご参考になるかもしれませんので、2014年11月までの私のことを振り返ってみます。

7~8年ほど前に、「清く生きることと、キレイごとばかりではない現実を生きること。この両者のバランスをどう取るか?」と考えたことがありました。
それは常に私のどこかに疑問として残っていました。
その疑問が再浮上したのが2013年の暮れでした。
その時は的を経済に絞り込み「志を持って生きることと、欲の象徴ともなるお金(経済的な豊さ)を両立させるにはどうしたのいいのか?」と思い、お金の探求をしはじめました。
その私に大きな変化が起きたのが2014年11月・・・。

何故そんな大きな変化がやってきたのかと、私なりに分析をして気づいたことがいくつかありました。
1、自分の中に沸いた疑問を持ち続けたこと。
2、「感謝をしていると、感謝することしか起こらなくなる」という文言に響いて、2014年11月4日から感謝日記を書き始めたこと。
3、日記を書き始めて5日後に新たな人との出逢いがあり、そこで聞いた「豪邸」という言葉が心に響く。
4、日記を書き始めて9日後に別の出逢いがあり、後々それが私の道を方向付ける重要な出逢いであったとわかる。
5、「豪邸」という言葉に響いたことを人に伝えたら、「それは貴女が経済的に豊かになる許可を自分に出したんだよ。」と言われて妙に納得をしたこと。
6、即行動!! ピンと来ることがあったら即行動をしたこと。


このページを読まれた方の「夢とお金」の扉が開くことを願っています。
必要な方に届きますように。
2015_07
02
(Thu)06:21

仏教と性

2014年12月
ある日突然降ってきた言葉「みだ~ら」
今にして思えば私の中の「性」を解放した瞬間でした。


しかしその伏線は数年前からありました。
記憶にある最初のきっかけは、今から8年ほど前の2006~7年のことだったと思います。
高野山真言宗の経典の一つである「理趣経」正式名称『般若波羅蜜多理趣百五十頌』(はんにゃはらみったりしゅひゃくごじゅうじゅ」を学ぶといいよとの助言を貰い早速調べてみてとても驚きました。
『理趣経』は、最初の序説と最後の流通(るつう)を除くと、17の章節で構成されていて、十七清浄句では男女の性行為や人間の行為を大胆に肯定しています。

以下、ウキペティアよりそのまま引用

真言密教では、「自性清浄」という思想が根本にある。これは天台宗の本覚思想と対比、また同一視されるが、そもそも人間は生まれつき汚れた存在ではないというものである。『理趣経』は、この自性清浄に基づき人間の営みが本来は清浄なものであると述べているのが特徴である。

特に最初の部分である大楽(たいらく)の法門においては、「十七清浄句」といわれる17の句偈が説かれている。
1.妙適淸淨句是菩薩位 - 男女交合の妙なる恍惚は、清浄なる菩薩の境地である
2.慾箭淸淨句是菩薩位 - 欲望が矢の飛ぶように速く激しく働くのも、清浄なる菩薩の境地である
3.觸淸淨句是菩薩位 - 男女の触れ合いも、清浄なる菩薩の境地である
4.愛縛淸淨句是菩薩位 - 異性を愛し、かたく抱き合うのも、清浄なる菩薩の境地である
5.一切自在主淸淨句是菩薩位 - 男女が抱き合って満足し、すべてに自由、すべての主、天にも登るような心持ちになるのも、清浄なる菩薩の境地である
6.見淸淨句是菩薩位 - 欲心を持って異性を見ることも、清浄なる菩薩の境地である
7.適悅淸淨句是菩薩位 - 男女交合して、悦なる快感を味わうことも、清浄なる菩薩の境地である
8.愛淸淨句是菩薩位 - 男女の愛も、清浄なる菩薩の境地である
9.慢淸淨句是菩薩位 - 自慢する心も、清浄なる菩薩の境地である
10.莊嚴淸淨句是菩薩位 - ものを飾って喜ぶのも、清浄なる菩薩の境地である
11.意滋澤淸淨句是菩薩位 - 思うにまかせて、心が喜ぶことも、清浄なる菩薩の境地である
12.光明淸淨句是菩薩位 - 満ち足りて、心が輝くことも、清浄なる菩薩の境地である
13.身樂淸淨句是菩薩位 - 身体の楽も、清浄なる菩薩の境地である
14.色淸淨句是菩薩位 - 目の当たりにする色も、清浄なる菩薩の境地である
15.聲淸淨句是菩薩位 - 耳にするもの音も、清浄なる菩薩の境地である
16.香淸淨句是菩薩位 - この世の香りも、清浄なる菩薩の境地である
17.味淸淨句是菩薩位 - 口にする味も、清浄なる菩薩の境地である

引用終わり。

それまでの私の仏教の印象は「禁欲」「小欲知足」など欲を否定するものであり、男女の性行為は欲の象徴の最たるものだと思っていたので、仏教の経典に性のことや欲望を完全否定していないことが書かれているのはとても驚きでした。

その後図書館に行き本を調べましたが、蔵書になっていたり、仏教用語が難しすぎて私には理解出来なかったりと、この時はこれ以上深く探求することはありませんでした。
しかしその数年後新たな出逢いがあり、今の私の理解への架け橋となったと感じています。
そのお話はまた書かせていただきます。

この記事を読まれた方の人生の扉が開きますように。
必要な方に届きますように。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。