2016_03
09
(Wed)06:18

両親からの学び


珍しく朝一番から梅田でお茶をして、忙しくも魂が進化した1週間を思い返しました😅😁😆

先週から母が大阪に来てました。
私の母は昔から躁鬱病で何度も発病していますが、ここ数ヶ月は躁状態で結構大変な状態です😱
精神障害者認定をされてるほどなので、割と重度な躁鬱病です。
躁鬱のうつ状態の時はうつ病と同じ症状で、生きる気力がなく、引きこもり状態で元気がありません。
死にたいと言うこともあります。
この症状の時は世の中にうつ病の人が多いせいか世間の認知もあります。

でも躁状態の時は、躁鬱病を知らない人から見るとただのハイテンションで楽しい人にしか見えないので、病気だとは思われません。
しかしやはり病気なので、時折とんでもないことをやらかします😱

そんな母をずっと父が看護してくれているのですが、穏やかで忍耐強い父が流石に根をあげて、
「自ら死を選ぶ人の気持ちがわかる・・・」
「死んだほうが楽になれるかな・・・」
などと言い出しました。

私の中に、
2人とも死んじゃったらある意味楽だよな〜〜なんて非情な考えもよぎりましたが、でもそれはあまりにも寂しい発想だなぁと思い直し、まずは出来ることをやろうと両親を大阪に呼び寄せて、信頼のおける先生に引き合わせたり、話し相手になったりと共に過ごしました。

父は数日我が家で滞在して岐阜に帰り、母はそのまま大阪に残りました。
母の病気はちょっとやそっとでは変化はありませんが、母から離れて父はやや落ち着いたようで、少し気持ちが切り替わったようです。
岐阜に住む叔母が随分サポートしてくれたり、横浜に住む弟が父をケアしたのも良かったと思います。

「病は気付き」といいますが、母の病気は周囲の私達に色んな気付きをくれました。
ありがたいと感じる気付きもあれば、このクソババァ〜〜いい加減にしろよ💢と、相手が病人だとわかっていても腹立たしい感情をコントロール出来ない自分を見付けたりと、色んな種類の気付きがあり密度の高い1週間を過ごし、心の洗濯をさせて貰いました😅
スポンサーサイト
2015_11
17
(Tue)23:00

茶道のお稽古にて(^^)

濃茶のお点前を習いました。
私は茶道は全くの初心者なので初めてのことだらけですが、今日はいつもにも増して心の深い部分で感じる何かがありました。
「何か」を言葉で表現するのは難しいのですが、静かで仄かなんだけど重厚で確実なもの、自分の軸のような、拠り所のような、体の中心に空洞が出来て静かで深い歓びを感じているような。。。
う〜ん、やはり言葉で表現するのは難しい(^^;;

茶道の師である照水さんとしょっちゅう接することで、凛とした厳しさ、真の優しさ、しなやかさを茶道を通して学び、知らず知らずのうちに色んなことに気付き「知らないけど知ってる」という不思議な感覚になります。
根拠はないけど、魂が成長している‼️と感じています。

世の中では「癒し」や自己開示などの「解放」がブームですが、それは「解き(ほどき)」であり、それだけで終わってしまうのは片手落ちだということも茶道と黙示伝授を通して学びました。

本来は「解き(ほどき)」と「結び」で息吹くことが自然の姿であると。

「解き(ほどき)」
自分を縛っていた常識という囚われからの解放であったり、人には言えないと抱えていたものを自己開示することで楽になるなどが今の世の中のメジャーな「解き(ほどき)」のようです。

それに加え、ある日突然自分にとってアンハッピーだと感じることが起きたり、何か痛い目に合って凹む時などは、当たり前だと思って感謝が足りなくなっていることへの気付きであったり、自分が執着しているものに気付き一旦手離す機会であったりと、これも解き(ほどき)のビックチャンスです(^^)
解く(ほどく)ことで新たなステージに行きます。
それは自分にとって「最高に幸せ〜〜💖。幸せ過ぎる〜〜😍」と感じることなので、解き(ほどき)はビックチャンスなのです。

子どものレゴをイメージして貰うと解りやすいですが、レゴを積み上げて作った「おウチ」を、せっかく作ったのに壊すのは勿体ない気がしますが、一旦分解バラバラにして個々のピースに戻すと、何にでも作り直せる無限の「可能性」を手に入れます。
車だってお城だって作れちゃいます。
新たに何かを作り出すこと、生み出すこと、これが「結び」です(^^)
「解き(ほどき)」と「結び」で息吹くこと、そこには動きがあります。

地球も太陽も月も毎日毎分毎秒動いていて、私達の細胞も核の周りを電子がクルクル動き続けています。

自然=動いている。

「安定」「執着」「囚われ」「当たり前」は一ヶ所に留まる発想で、動きがありません。

「解き(ほどき)」だけでは片手落ちで、「解き(ほどき)」と「結び」の両方セットで自然の姿というのは納得です(^^)

日本の文化には、人が自然のリズムにシンクロして生きるヒントが沢山散りばめられています。

茶道は全くの初心者で、作法も知らない😅、足は痺れる😱、着物は着れない😮、こんな三拍子揃った私が茶道に深い歓びを見付けるのは、魂が求めるリズムを感じるからだろうと思います。
良い師に巡り会えて感謝します。

茶道

2015_11
12
(Thu)10:13

帝国ホテルの朝食会

今朝のスタートは朝食会への参加から〜〜〜😍

帝国ホテルでなだ万の朝食!!という私のミーハー心をくすぐるキーワードにつられて参加した朝食会ですが、とっても素敵な勉強会でした😄

銀座でミツバチを育てる「銀座ミツバチプロジェクト」通称【銀パチ】の代表・田中敦夫 さんが今日のスピーカーさんでした。

【銀パチ】は、銀座のビルの屋上でミツバチを飼い、採れたハチミツを銀座の街で様々に活用していただくプロジェクトなんですって‼️

銀座のど真ん中で養蜂ですよーーー!!

このプロジェクトがどんどん拡がりをみせ、日本全国は元より、海外にも展開してスゴいことになっているようです。
聴いていてとっても面白かったです(^^)

今日の話を簡単にまとめると、

🍀屋上緑化
ミツバチが蜜や花粉を集めるためには植物が必要なので、銀座のビルの屋上で植物を育てることになり屋上緑化に繋がっています。

🍀人間以外のものとの共生
人とミツバチ、ミツバチと植物、植物と人。。。
蜂が働かなくて蜜が取れないのではなくて、花がなくて蜂が取れる蜜がない。
銀座では蜂のために花を植える動きがある(^^)

🍀企業の垣根を越えて人と人が繋がる
【銀パチ】プロジェクトと企業のコラボレーションにより色々なものが生み出されている
例えば、
東ハトx 新幹線x【銀パチ】(蜂蜜)=東京土産
サッポロビールとのコラボで「銀座ブラウンビール」
大阪市梅田 はヤンマーでミツバチを飼っている
ANAの機内で3カ月間プロジェクト映像が流れたことも手伝い海外からの問い合わせが急増

🍀地方とのコラボレーション
銀座から地方へ
町興し、過疎地の活性化
各地域にそれぞれの課題があり、それぞれの地域で課題にチャレンジしている人々と繋がったことで、銀座をハブにして地域とのネットワークが出来た。
多くの人の役に立つ仕組みになっている。

などなど。

朝食会の主催者の竹村真一先生は、
蜂が媒介になって人間の感性を磨いていく
街づくりのOS (オペレーションシステム)
それを外国も注目している

と、このプロジェクトを高く評価なさっていました。

スタートから10年でこのような拡がりを見せることになったこの【銀パチ】ですが、なぜ上手くいったのだろうか⁉️について、竹村さんがいくつか質問をされ田中さんから答えを引き出されました。

銀座という土地柄。
銀座は歴史的には100年そこそこの街で、京都の歴史に比べると歴史は浅いので、伝統や老舗などの発想だけでなく奇想天外なものや新しいものを受け入れる気質がある。

しかし、いいものしか残らない。 それが銀座のフィルター。
銀座の街にとって何がいいことか⁉️を考えて活動したことが今の結果に繋がってる気がすると田中さんは仰いました。

また、本気でバカになれる人が1人か2人いれば上手くいくという意見も出ました。

振り返りつつ文章をまとめていたら超大作になっちゃったーーー(笑)

ソリューションビジネス、コミュニケーションビジネスをしている方は一度田中さんの話を聞かれるといいと思いますよ(*^◯^*)
2015_11
10
(Tue)20:13

茶道のお稽古

今日は毎週通う茶道のお稽古日
師匠の照水さんは茶道の師であり、黙示伝授の師であり、今後私がインターナショナルインストラクターを目指すに当たり導きを頂く素晴らしいメンターです。
真理の世界をとても深く探求され実践し続けておられ、やっと出逢えた本物の師であると思っています(^^)

とても凛とした、しかもユーモアのある方で、私はこの出逢いにより魂の歩みが数段加速しました
直観が冴え、未来のエネルギーを作るコツがわかるようになってきました。

照水さんからの学びにより色々なことを知り感じるにつれ、世の中には中途半端な情報発信がとても多いことが気になります。
私のように覚醒する人が増えるように、今後は照水さんの発信を企画しプロデュースしていきます。
将来的にはサロンやスクール展開になりますが、スターティングのプレ・イベントをまずはお届けします。
この投稿を読みピンと来た方はコメントやメッセージをくださいね。
きっと生き方がシフトすることになるでしょう

IMG_1167.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。